「調教注目馬」が激走する馬を見抜く!

 先週は土曜東京6レースの13,710円を太田が、8レースの10,410円を大竹が的中させました。好調だったのは本紙調教欄の上にある「調教注目馬」で、土曜京都9レースと10レースで推奨した4頭中3頭が1〜3着に入り、3連単はそれぞれ28,820円、14,040円という配当に。また、小倉2日目のメイン・門司ステークスでは、推奨した3頭が順番に1〜3着に入り、3連複32,430円、3連単は171,670円という高額配当となりました。本紙掲載コラムは「情報取材部の厳選馬(末永)」「亀山亜津司のV作戦」「トラックマンの聞き込み特報(栗東)」が、最終週を待たずして単黒字を確定させています。今週はいよいよ今年最初のG1・フェブラリーSが行われます。ビシッと当てるために「勝馬」本紙と「勝馬Onlineモバイル」をフルにご活用下さい。