高橋剛の剛くん特別室

早春ステークス  1月28日・東京  マイネルヴンシュ

 勝った九十九里特別さえ、早目に手が動きまくっていた反応の鈍い馬。前走のように勝負どころで馬群に突っ込んでは、能力を出し切れなくても仕方ない。血統的に府中がプラスとは言えなくても、広いコースの方が持ち味が生きやすいとプラスに考えたい。奥手だが、陣営が将来性を高く評価する馬。本格化するまで、しつこく狙い続けます。

期待!