勝馬は馬券を一番当てている新聞です

「勝馬」本紙が専門紙最多的中でプラス決算

 先週の「勝馬」本紙は、専門紙最多の的中数18で馬単的中率もトップ。土日トータルで黒字を計上しました。万馬券は計8発。土曜中山10レースの29,280円を亀山、田村が、日曜6レースの10,070円を高橋、末永、小松、穴の山崎がゲット。8レースの13,470円は、太田と穴の山崎が当てています。また本紙掲載の「調教注目馬」は、日曜中山3レースの7人気馬(単勝2,410円)や、阪神メイン・阪急杯の7人気馬(単勝1,680円)を取り上げており、調教班の鋭い選馬眼が光りました。弥生三月を迎え、ますます冴え渡る勝馬予想陣と「勝馬Onlineモバイル」を是非チェックしてみてください。

posted by kachiuma 2018年02月26日 11:46

大竹、小松が万馬券2発的中で黒字計上

 先週は計8発の万馬券をモノにした勝馬予想陣。土曜東京2レースの16,210円を末永、小松が当てると、日曜東京1レースの11,490円を小林、高橋、小松が、2レースの11,730円、4レースの21,870円を大竹がゲット。小倉大賞典の19,180円は太田が的中させました。土曜の小林は東京3レースの9,120円を当てて、土日ともにプラス決算としています。
 開催終了となる1回東京の本紙掲載コラムでは「小林淳一の二重丸三重丸」が単複黒字、「野口誠のここ一番」は単収支プラスとしています。また「調教注目馬」は土曜東京10レースで勝った11人気馬(単勝5,320円)を推奨。G1フェブラリーSでも、4人気だったノンコノユメを一番手に取り上げていました。今週から始まる中山、阪神開催でも「勝馬」本紙と「勝馬Onlineモバイル」にご注目ください。

posted by kachiuma 2018年02月19日 12:11

小松、金子が3万馬券ゲット!

 先週は計5発の万馬券を的中させた勝馬予想陣。土曜小倉メインの23,320円を大竹が当てると、日曜東京5レースの18,510円を大江が、メインのG3共同通信杯13,620円を小林がゲット。月曜東京2レースでは、39,870円の高配当を小松と金子が当てています。そのため小松、金子はプラス決算ですが、万馬券的中なしで2日間トータル黒字としたのが高橋、亀山、太田でした。特に高橋は、月曜東京で7,640円を含む3〜7レースを連続的中。他にも末永、亀山、太田、高橋が、土曜京都の9〜12レースを全て当てています。今年最初のG1・フェブラリーSも、好調続く勝馬予想陣にお任せください。

posted by kachiuma 2018年02月14日 11:07

亀山が万馬券2発でプラス決算

 先週の万馬券的中は7発。土曜東京8レースの18,160円を小林、亀山、大江、穴の山崎が、12レースの15,660円を高橋がゲット。日曜東京3レースの16,800円は野口が、8レースの19,200円は亀山が当てています。亀山は連日の万馬券的中で、土日とも黒字を計上しました。本紙掲載の調教注目馬は、日曜東京3レースの9人気馬を取り上げ、単勝2,130円を的中。東京メイン・東京新聞杯の勝ち馬と、京都メイン・きさらぎ賞の優勝馬も、しっかりチェックしていました。今週は変則3日間開催。「勝馬」本紙と「勝馬Onlineモバイル」をお供に、連休の競馬をフルに楽しみましょう。

posted by kachiuma 2018年02月05日 12:18