小林淳一の花マルこの1頭

シャングリラ賞 11月25日・東京  セイウンクールガイ

 前前走は後続のマークがきつかったが、それでも直線半ばまでは先頭をキープしており、見せ場は十分だった。今度は距離を短縮するのだが、マイル戦では長すぎる感があり、この選択が吉と出る可能性は大とみる。調教の動きは申し分なく、実績ある条件で好勝負に持ち込む。

ひらめき