末永順一のおまかせ関西馬

天皇賞(春) 4月28日・京都 エタリオウ

 日経賞は前半ハミを噛んでしまい、早目に動く形。勝ち馬にうまく乗られてしまったが、悲観するような内容ではない。むしろ、今まで走る気がなかった馬が、自分から動いて行けたのは収穫。もとよりスタミナには自信を持っており、チャンスは十分ある。

興奮!

小林淳一の花マルこの1頭

新潟大賞典 4月29日・新潟  ロシュフォール

 前走(1600万)は同じ開催中のオープンを1秒上回る時計での勝利。キャリアが僅か6戦で4勝となり、左回りでは負け知らずだ。また、5戦連続して上がり3ハロンで最速の数字を残しているように、秀でた瞬発力の持ち主。その特長を生かすにあたっては、新潟大賞典がうってつけのレース条件と思われる。順調な乗り込みを見せており、好勝負を期待する。

ひらめき

大竹高輔のコースケ馬券探究

3歳未勝利 4月28日・東京  ハーツイストワール

 デビューが遅れて再調整の形だが、今回の調整は順調。コンスタントに活躍する馬が出る血統だし、調教でも格上馬、既走馬相手にヒケを取らない動きを見せている。推定体重は490キロ。田辺騎手で、日曜日の芝2000mに出走する予定。

大当たり