大井コース診断

大井1000 最初のコーナー(3角)までの距離がなく、内枠が有利。2才、3才でしか使用されず、スピード決着。外回りで直線は長いが、追い込みは効かない。
大井1200 2角からのスタートで、3角まで距離があり、比較的内外の有利不利が少ない。
大井1400 スタートから最初のコーナー(2角)までが短く、断然内枠が有利で、外枠の先行馬はつらい。直線が長く、差し馬有利と思われがちだが、案外スピードで押し切れる。
大井1500 スタートから最初のコーナー(1角)まで距離がなく、内枠が有利。また内回りのため直線が短く、逃げ馬が有利になる。
大井1600 スタート後、比較的最初のコーナー(1角)まで距離があるので、ゆったりとしたペースになりがち。先行馬有利だが、内回りで直線が短いため、早目にうごいてのまくりも決まる。
大井1700 1500メートルと同じスタート位置だが、外回りになった分、差しも決まるが、やはり内枠の先行馬が有利。
大井1800 1600メートルと同じスタート位置で、外回りになった分差し馬が有利だが、下級条件ではスローになり、前残りに注意。B級以上の場合力通りの決着になる。
大井2000 4コーナーポケットからのスタートで、最初のコーナー(1角)まで500メートル以上あり、内外の不利有利はない。しかしオープンでフルゲートになるとさすがに外枠の先行馬は、スタート直後脚を使い、不利がある。スローペースになりがちだが、逃げ切りは至難。
1400?1700のレースが圧倒的に多く、キーワードは内枠(特に1番枠)、逃げ馬

コース設定

コース図

本馬場:砂  右回り  幅員25m
高低:平坦
一周距離:外コース 1600m  内コース 1400m

→南関東公営競馬に戻る