「勝馬」本紙が上半期的中率第1位!

 6月28日終了時点で、「勝馬」本紙が上半期の馬単・馬連的中率で専門紙ランクトップとなりました。小林は土曜東京8レースの馬単68,740円と日曜東京7レースの14,410円を当てて大幅黒字を計上。この7レースは亀山、田村も的中させています。9レースの13,060円は亀山と穴の山崎が、11レースの12,840円は大竹と太田がゲット。阪神10レースの11,550円は、穴の山崎がモノにしました。
 開催終了となる3回東京の本紙掲載コラムでは「血統&データ アカデミック馬券」と「小林淳一の二重丸三重丸」が単複黒字を計上。「本日の狙い」はプラス決算としています。いよいよ始まる夏競馬攻略に「勝馬」本紙と「勝馬Onlineモバイル」がお役に立ちます。