福島版「勝馬」本紙が専門紙ランク1位

 先週は福島版「勝馬」本紙が馬単収支、的中数、的中率で専門紙ランクトップとなりました。万馬券も次々的中。土曜福島6レースの57,010円を住川が、12レースの10,480円を野口と末永がゲット。阪神メインの10,710円はを野口と小松崎が、続く12レースの10,210円は野口、小林、田村、住川が、函館の10レース10,300円は小松が当てています。日曜には福島2レースの10,130円を小松崎と穴の山崎が、阪神9レースの39,030円を再び穴の山崎が、10レースの50,250円を住川が見事的中。函館12レースの15,040円は小松崎がゲットしました。野口は土曜日だけで3つ、住川は5万馬券2つを含む3つの万馬券を当てたことになります。
 開催終了となる2回福島の本紙掲載コラムでは「野口誠のここ一番!」と「ピックアップ!関西からの狙い馬」が単複プラス、「亀山の調教メモ」と「コースケの馬券探究」が単黒字としています。今週も「勝馬」本紙と「勝馬Onlineモバイル」の当たる予想にご期待ください。