小林淳一の花マルこの1頭

菜の花賞 1月16日・中山  グローリアスカペラ

 前走は出遅れたために後方での追走となったが、向正面から徐々に進出して逃げ馬に追いつき、3着以下を引き離してのマッチレースを制した。非常に長く脚を使っていたし、濃い内容での勝利だったと言えよう。元々素質を評価されていた馬だが、マイル戦を選択したことによってついに結果が出た。そしてその後はレース間隔が開いたものの、しっかりと乗り込まれていて気配は上々だ。昇級戦でも好勝負が可能とみる。

ひらめき