小林淳一の花マルこの1頭

古馬1勝クラス 11月28日・東京  ラブリークイーン

 前走は5ヵ月ぶりの実戦で完調手前だったが、それでも6着と気を吐いて善戦。上がり最速の脚を使っており、休み明けの昇級戦としては上々の内容だったのだ。その反動がなくて気配は上向き傾向にあるし、今度は未勝利戦で強い勝ち方だった東京の1400m戦。狙い目だ。

ひらめき

金子裕次郎の元馬乗り、乗りたいこの1頭

2歳未勝利 11月27日・東京 サンストックトン

 2戦とも勝った馬のいい目標になってしまった分だが、前走の走破時計は同日の芙蓉Sより速かったくらいで、負けて強しの競馬だった。「瞬発力がありますから、東京替わりは問題ないと思います。次は何とか決めたいですね」と横山武騎手。7日目3レース、芝1800mに出走する予定。

気になる

桧山直樹の先取り!ナマ情報

2歳未勝利 11月27日・東京  ドキ

 前走は追い不足で、体に余裕があったことはパドックでも見て取れた。レースは出遅れて後方の外々を回り、4角で1番外へ出して上がり33秒8の末脚で5着。終いの末脚は強烈だったし、使った分の上積みは大きく、前進可能とみた。

闘魂!