小林淳一の花マルこの1頭

新潟ジャンプS 7月31日・新潟  コウユーホクト

 昨年暮れのオープン戦では12着だったが、あの時は完調手前だっただけに仕方のない結果だ。また、一旦休ませた後には、平場戦を一叩きして京都ハイジャンプで善戦しており、そこでは復調を窺わせる十分な内容だった。そして、その後は再び休ませたものの、乗り込みは十分でいきなり能力を発揮できる状態を整えてきた。相性の良い新潟コースに替わり、好勝負を期待する。

ひらめき

大竹高輔のコースケ馬券探究

2歳新馬 8月1日・新潟  スノーグレース

 コンスタントに勝ち星を挙げているドレフォン産駒。姉ジェラシーはスイートピーSを勝って、オークスでも4着と好走した実力馬だった。まだ若さがあって中間の攻め馬でも遅れたが、それ以外は非常に軽い走りをしていて、素質がありそうな動きを見せている。日曜新潟の芝1600m牝馬戦に、丸山騎手騎乗でデビュー予定。

大当たり

望月太一郎の週末は俺にまかせろ

STV杯 7月31日・函館  レオンドーロ

 前走の五稜郭Sでは「隣の馬のゲートを気にした(丹内騎手)」とのことで、いつもの行きっぷりがなかった。直線は差を詰めているものの、位置取りの差で届かず6着に終わった。まともに走ればもっとやれる馬。中間も順調にきており、まともなら巻き返せる。

興奮!