高橋剛の剛くん特別室

オーシャンS 3月6日・中山 アストラエンブレム

 前走は、確かに先行馬総崩れの展開がはまった印象だったが、初の1200mでも陣営が心配するほど追走に戸惑っていなかったようで、隠れた適性があったのは確か。「今回は重賞だし、あくまでも展開の助けがほしいのは事実ですが、トモの感じなど、前走時に物足りなく感じた気配は、この中間間違いなく良くなっています。1週前の時点では幾分重目ですが、来週にはちょうど良くなるのでは」と、小島茂師も前向き。前回が恵まれたと思われて人気がないようなら、積極的に狙って行きたい。

期待!

金子裕次郎の元馬乗り、乗りたいこの1頭

古馬1勝クラス 3月6日・中山 アオイクレアトール

 勝った相手にマークされたとはいえ、9ヵ月ぶりを思えば力のあるところは見せてくれた。中間のケイ古も軽快で、上積みは十分。中山マイルは初めてだが、むしろ先行力が生きてきそう。3日目の芝1600mを、ルメール騎手で予定。

気になる

桧山直樹の先取り!ナマ情報

弥生賞 3月7日・中山  タイムトゥヘヴン

 2走前からチークPを着用。最後まで集中して走り、後続を突き放して初勝利を挙げた。続く京成杯では、直線で外へ進路を取った分、勝ち馬にうまく内をすくわれて2着。中間も動きは良いし、引き続き好調キープ。素材は確かで、心身ともに成長してくればG1でも通用する器だ。

闘魂!